塗装業者により異なる下地処理の程度

塗装業者により異なる下地処理の程度

現場 2020.03.25 (Wed) 更新

草加市の弊社事務所から車ですぐの川口市にて、

2回目以上での外壁・屋根塗装工事を行っております。

 

2回目以上の塗装工事となると、複数の塗装業者様に

ご依頼されていらっしゃることも多く、

ご縁があって今回、弊社にて工事を手掛けさせて

頂けることになりました。

もちろん、今までで一番良質な塗装工事にて恩返しさせて

頂きます。

外壁・屋根塗装専門店としては

家一軒ごとに異なる家の状態に合わせた下地処理の程度の違いが

塗装業者の違いと言っても良いくらいの意味合いをもつことを

強く言いたいところです。

 

樋ケレン中

破風板ケレン中

谷板金ケレン中

ケレン…これは程度はさておきとして、どの塗装業者もやると思います。

塗装前の樋や鉄部や木部等の下地処理として重要です。

 

例えば、塗装前に外壁にクラックが見えますが、

雨押え板金と外壁の取り合い部が一部脆弱しており剥離しております。

表面塗膜は「吹付けタイル*ヘッドカット」

しかし、その塗膜の下のモルタルと密着していませんので

このように、少し皮スキ等で脆弱塗膜付近を触れると

簡単に表面塗膜が取れます。

塗装業者様によっては、これらの処理が甘く

凹凸を多少コーキングや外壁専科などの補修材等でならして

そのまま下塗り工程に進んでしまうことも少なくはありません。

 

塗膜がモルタル層と密着していないと、

簡単にこのように表面塗膜が剥がれます。

そして、剥がしてみると

下地にもクラックが入っております。

 

外壁の一部に脆弱塗膜がありますが、

私達は、このままには決してしません。

塗膜の下に見えるクラックがあれば

そのクラックに対して適切な下地処理を施し

 

 

肌の違いがあれば、それらの

パターン合わせの吹付け塗装を施します。

 

これは、塗装してしまえば

見えなくなってしまう?

分からなくなってしまう?

誰も見ていない中でのメッシュの裏側の

職人として当たり前の仕事を全うしたいが為に

通常行われているところです。

 

地元で下地処理をきちんと行う信頼できる塗装業者様を

お探しのお客様は弊社にお気軽にお声かけください!

下地処理の程度が塗装業者によって異なります。

ご相談お見積り診断無料!
お気軽にご連絡下さい!!

0120-180-603電話受付時間9:00-19:00 定休日:火曜日

ご相談・お見積り依頼

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!